未来の金融をデザインする

主に経済や金融に関する記事や開催した読書会や勉強会の報告を書いております。

金融経済読書会

【開催報告2017年5月20日(土)現金の呪い読書会】

5月20日(土)にケネス・S・ロゴフ著の「現金の呪い」読書会を開催しました。著者のハーバード大学教授のロゴフは、「国家は破綻する」で財政赤字が多い国の経済成長率は低い傾向になることやこれまで歴史的に多くの国がデフォルトしたことを指摘したことで…

【開催報告2017年4月30日(日)原因と結果の経済学】

2017年のGWの真っ只中に「原因と結果の経済学」(以下、本書)の読書会を開催しました。本書は、著者の一人が「学力の経済学」の著者である中室先生であり、「教育の経済学」と同様に世間で誤認されがちな事象を因果推論の視点から解き明かす内容となっていま…

【開催報告:2016年10月23日(日)金融経済読書会:なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?】

今回の金融経済読書会では「なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?」を課題図書とするとともに、著者である松村さんをお招きしました。 本のタイトルにあるように、現在多くの人が未来に対して漠然と不安を感じているという状況に対して、その不…

【開催報告:2016年6月25日(土)金融経済読書会 横山和輝先生著「マーケット進化論」】

マーケット3部作と名打って行ってきましたマーケット読書会。第1回目は「市場を創る」を、第2回目では「Who gets what」を、そして、最後となる今回は名古屋市立大学准教授の横山先生が書かれた「マーケット進化論」を取り上げ、読書会を開催いたしました。…

【開催報告:2016年6月5日(日)金融経済読書会「Who gets what」】

市場をテーマに取り上げる読書会3部作の第2回目は、2012年にノーベル経済学賞を受賞したアルビン・ロス著の「Who gets what」を課題図書にして、読書会を開催しました。Who Gets What (フー・ゲッツ・ホワット) ―マッチメイキングとマーケットデザインの新し…

【開催報告:2016年4月30日(土)金融経済読書会「市場を創る」】

2016年のGW二日目の4月30日にジョン・マクミラン著の「市場を創る」を題材に金融経済読書会を開催ました。 FEDでは2015年は「組織の経済学」を、そして2016年は「法と経済学」を輪読の課題図書として取り上げました。組織の経済学作者: ポール・ミルグロム,…

【開催報告2016年3月19日:金融経済読書会Classic「知識創造企業」】

なぜ今、知識創造企業を取り上げるのか?主に古典を扱う読書会である金融経済読書会Classic。今回は野中先生と竹内先生が元々は英語で書かれ、日本語に翻訳され逆輸入された形で日本で発売された「知識創造企業(以下、「本書」)」を扱いました。本書を取り…

【開催報告:2016年2月14日(日)「Fintech革命」読書会】

2016年3回目となる読書会では、前回と同じく日経BPムックの「Fintech革命」を扱い、ワールドカフェを行いました。今回はFEDに初めて参加された方が参加者の7割程を締め、主催者にも関わらず、ややアウェイな感じがしました(笑)FinTech革命(日経BPムック)作…

【開催報告:2016年1月31日(日)「Fintech革命」読書会】

2016年2回目のFEDの勉強会では、日経BP社から出版された「Fintech革命」というムック本を題材に、Fintechについて幅広く学びました。FinTech革命(日経BPムック)作者: 日経コンピュータ出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2015/12/14メディア: 単行本この商品…

12月12日(土)に「帳簿の世界史」読書会を開催いたしました。

12月12日(土)に「帳簿の世界史」読書会を開催いたしました。帳簿の世界史作者: ジェイコブソール,Jacob Soll,村井章子出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2015/04/08メディア: 単行本この商品を含むブログ (12件) を見る『帳簿』にまつわる記録を、主にヨーロ…

【開催報告】2013年9月1日(日)金融経済読書会「なぜ国家は衰退するのか」

2013年9月1日の金融経済読書会では、大ヒットドラマ半沢直樹の裏の時間帯で、ダロン アセモグル, ジェイムズ A ロビンソンによる「国家はなぜ衰退するのか」を課題本として読書会を開催致しました。詳細は下記の通りです。 開催日:2013年9月1日(日)18時〜…

【開催報告】2013年8月18日(土) 企業価値評価勉強会light「合わせて学ぶ会計&ファイナンス入門講座」

真夏の7週連続勉強会の最後は、「あわせて学ぶ会計&ファイナンス入門講座」を課題図書として、同書の著者の一人である田中慎一さんをお招きし、会計とファイナンスの基礎について学びました。詳細は以下の通りです。 開催日:2013年8月18日(土)9時〜12時 …

【開催報告】2013年8月11日(日)金融経済読書会「連続講義・デフレと経済政策」

真夏のFED7週連続勉強会の6週目の勉強会は、慶應義塾大学の池尾和人先生をお招きするという豪華な内容となりました!詳細は以下の通りです。 開催日:2013年8月11日(日)9時〜12時 場所:文京シビックセンター 3F会議室 参加人数:30人 課題図書:連続講義・…

【開催報告】2013年8月4日(日)金融経済読書会light 新しい経済の教科書

2013年8月4日(日)に「新しい経済の教科書」をテキストとして、金融経済読書会lightを開催致しました。詳細は以下の通りです。 開催日:2013年8月4日(日)9時〜12時 場所:文京シビックセンター 3F会議室 参加人数:23人(主催者含む) 課題図書:新しい経済…

【開催報告】2013年2月3日(日)金融経済読書会light「日銀を知れば経済がわかる」読書会

こんにちは。FED事務局長の村上です。今年初となる金融経済読書会lightを2月14日(日)に開催致しました。場所は文京シビックホールの4階ホールで、参加者は37名と、過去のFEDの勉強会の中でも規模、人数ともに最大クラスのものとなります。勉強会の概要は…

【開催報告】2013年1月14日(月)金融経済読書会Classic「選択の自由」読書会

こんにちは。FED事務局長の村上です。2013年2回目の読書会は、成人式で三連休最終日となった1月14日(月)に行いました。場所が文京シビックセンターだったので、成人式を控えた新成人がちらほら見かける中、外では豪雪がふっている状況での読書会となりまし…

【開催報告】2013年1月6日(日)金融経済読書会Special「世界の経営学者はいま何を考えているのか」読書会

明けましておめでとうございます。FED事務局長の村上です。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。ブログはだいぶご無沙汰となっておりましたが、2012年は、1年間で62回の勉強会を開催することが出来ました。またおかげさまで年末にはマンキュー経済学勉強会…

【開催報告】2012年5月6日 金融経済読書会Light「もし小泉進次郎がフリードマンの『資本主義と自由』を読んだら」

3ヶ月に1度、金融と経済について分かりやすい本を課題本とする、金融経済読書会Light。 今回は、FED初の漫画、「もし小泉進次郎がフリードマンの『資本主義と自由』を読んだら」を課題本に、読書会を開催いたしました。漫画といってもあなどる事なかれ。経済…

【開催報告】1月14日(土) 金融経済読書会/マルサス『人口論』活動報告

■全体総括 「人口は等比級数的に増加するが、食糧は等差級数的にしか増えない。」 2012年1回目のFED企画金融経済読書会は、上記の一文が有名な、1797年にマルサスが書いた「人口論」でした。人口論 (光文社古典新訳文庫)作者: マルサス,Thomas Robert Malthu…

【開催報告】2012年1月7日 「働きながら、社会を変える。」慎泰俊氏講演&読書会

NPO法人 Living in Peaceの代表である慎泰俊氏が著作「働きながら、社会を変える。」を発売され約1ヶ月。多くの方に読まれている本著の読書会を開催したいと、今回、FED後援イベントとして開催させていただきました。テーマは「社会課題の見つけ方、解き方」…